火災保険 相場

火災保険の相場を調べるゾウ!

火災保険の補償範囲とは

賃貸のマンション、一戸建て、分譲マンション、どのタイプにお住まいなのかによって、同じ火災保険でも補償範囲は全然異なってきます。

賃貸マンションの場合、自分の借りている部屋が対象となりますが、万が一火災によって隣の部屋まで損傷してしまっても大丈夫なようになっています。

しかし、分譲マンションや一戸建て用の火災保険には、このような補償がありません。

びっくりですが、失火法という法律によって隣家への類焼が生じた場合でも賠償する義務がないという昔々の木造長屋時代の法律が今も存在するからなんです。

賃貸マンションの場合は大家さんとの賃貸契約に対しての損害賠償責任が発生するため、失火法の適用はされません。

なんか、分かりにくですが、賃貸マンションの場合、人様に迷惑をかけたら、賠償しなければならないけど、分譲マンションや一戸建ては賠償しなくて良いと覚えると良いでしょう。

加害者側の視点でいうとこうなりますが、被害者側の視点で考えると、賃貸マンションの場合、被害者になっても、加害者が保険に入っていればそれで良いですが、一戸建てや分譲マンションの場合、自分の物は自分で守らないと、自分の過失がゼロであっても火事の場合は補償をしてくれません。

特にマンションで火災が発生した場合、放水による水の被害はすごいものがあり、火災が発生した階から全ての階下と両隣には被害が及ぶでしょう。

そう考えると、一戸建てよりもマンションのリスクの方がとても大きいと言えるでしょう。

火災保険の補償範囲としては、基本は自分の所有物と考えると良いでしょう。

自動車の保険で考えると、車両保険と同じようなものです。

また、建物の補償はほとんど全ての人が加入しますが、家財の補償に入る人が少ないのも現実です。

しかし、家財って意外と多く、いろんなものを買いなおすとすぐに1000万円とかかかってしまうので、家財もセットで入らないと、いざという時のための保険が約に立たなくなるので、要注意です。

火災保険の相場などを知りたい場合は、各保険会社から見積金額を提示してもらい全体の保険料を把握するのが一番いい方法かもしれません。

一括資料請求サイトなどを利用すると複数社から見積書をもらうことができるので大変便利です!

火災保険の相場ガイド
https://www.carpathiansukraine.com/